スタッフブログ

新年あけましておめでとうございます。

2020年1月5日(日)

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご高配を賜り

社員一同、心より感謝申し上げます。

 

昨年5月、日本国中が祝福ムードで新しい天皇陛下、新しい元号である「令和」元年を迎えることが出来ました。

この「令和」について多くの有識者が解説しておりましたが、外国政府向けに外務省が発表した英語訳によると「Beautiful Harmony=美しい調和」という意味だそうです。また首相官邸HPによると「令和」には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ、という意味が込められているという記載がありました。私自身が新しい天皇陛下と同級生(ただ単に同じ学年で、学校は全く別)ということもあり、これまで以上に皇室へ親しみを感じていることも相まって、そのような平和な時代が世界中に訪れ、そしていつまでも続くことを心より願っています。

 

さて、その「令和」も二年となりました。そうです。2020オリンピック・パラリンピックYearです。

私は観戦チケットはものの見事に外れてしまいましたが、わが日本のアスリートたちの活躍を願う気持ちは高まる一方です。

きっとたくさんの金メダルを獲得してくれると信じ、全力で応援します。

 

話は弊社の話題に戻りますが、昨年元号が「令和」に変わった頃、弊社においても大きな変化がありました。新築戸建て住宅事業において、それまで進めて参りました低価格追求のローコスト戦略から方向性を変え、大手ハウスハウスメーカー並みに住宅性能(断熱、制震・耐震、設備)を高めつつ、これまで培ってきたコスト削減ノウハウを駆使した『すごい!ローコスト住宅』を商品化致しました。

皆様にどこまで受け入れていただけるか、内心ひやひやでした。結果は本当に多くのお客様にお認めいただき、前年同期比で200%を超える受注棟数となりました。本当に良いものは受け入れてもらえると改めて実感いたしました。

正に、弊社にとっては金メダリストになってくれました。

 

弊社のもう一つの事業であるリフォーム部門も、昨年2019年は過去最高を大きく上回るご依頼をいただきました。

真にお客様に寄り添い、お客様の幸せを心から願って止まない弊社スタッフの姿勢が通じたものと素直に受け止め、皆様に更に必要とされる企業となるように精進してまいります。

 

弊社では「令和」のスタートと共に『お客様との約束』というものを作り、社員全員で毎日唱和しています。

その『お客様との約束』とは、「山梨で暮らす全ての家族の人生に、もっと安心、もっと快適、もっと安くなる家を」というもので、言うなればミスターデイクの大切なミッションです。その約束を果たすため、ハード面で本当の意味でお客様が幸せになれる住宅づくりを追求し続け、ソフト面である人財育成にも手を抜くことなく取り組んでまいります。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ミスターデイク株式会社  代表取締役  大和田 佳孝