スタッフブログ

㎡を坪に換算する計算方法

#雑談 2022年7月24日(日)

 

こんにちは。

ミスターデイク、宅地建物取引士の村松です。

皆さん土地や建物の大きさを表す単位は何を思い浮かべますか?

「坪」を思い浮かべる方も少なくないと思います。

もし近くに不動産のチラシあるのなら、見てみて下さい。(もちろんこのHPの商品ラインナップでもO.K

㎡(平方メートル)で表示されていませんか?

 

土地や建物の面積は坪or㎡?

 

実は、「不動産の表示に関する公正競争規約」で、面積はメートル法で表示することになっているんです。

もちろん坪数も表示しても構わないのですが、あくまで補足的なもので、原則は㎡での表示が決められているのです。

しかし、不動産会社や建築会社で話を聞くと、坪数で話をする場合が多く、㎡より坪数の方がイメージしやすい方が多いのではないでしょうか?

今回は、㎡を坪数に、坪数を㎡に換算する計算式を説明します。

 

 

 

坪数を㎡にする計算式・㎡を坪数にする計算式

 

 

 

坪数を㎡に変換

 

 

 

 

1坪は1辺が6尺の正方形の面積になります。

これは、明治時代に度量衡法という長さを定義する法律によって定義されました。

1尺は10/33mなので、6尺×10/33m=60/33mが1坪の1辺になります。

正方形なので、(60/33)×(60/33)=400/121㎡となります。

400/121は約3.3057ですので、1坪=3.3057㎡となります。

坪数を㎡にする場合は、〇〇坪×3.3057で面積を出すことが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

㎡を坪数に変換

 

 

㎡から坪に変換する場合は、㎡を3.3057で割ればいいのです。

㎡÷3.3057=坪数になります。

3.3057を分数に戻し、㎡÷(400/121)とし、掛け算に直します。

すると、㎡×(121/400)となり、㎡×0.3025=坪数の計算式が出来上がります。

 

坪数=〇〇㎡×0.3025=坪数

 

これが、㎡を坪に変更する場合の計算式です。

 

 

ちょっと一息

 

よくテレビなどで、広さを表現するために用いられる「東京ドーム〇〇個分」。

その東京ドームは建築面積で46,755㎡ですので、46,755×0.3025=約14,143坪になります。

では、ミスターデイクがある山梨県と、新築・不動産事業部のある南アルプス市は何坪になるでしょう?

 

山梨県の面積を坪数に換算すると

 

 

山梨県の面積は、山梨県ホームページの県政情報によると、4,465.27k㎡だそうです。

1k㎡を㎡にすると、1,000m×1,000m=1,000,000㎡ですので、

4,465.27k㎡×1,000,000㎡=4,465,270,000㎡となります。

これに0.3025をかけますので、4,465,270,000㎡×0.3025=1,350,744.175坪となります。

 

 

 

南アルプス市の面積を坪数に換算すると

 

 

ミスターデイク新築・事業部がある南アルプス市の面積は、市のホームページの南アルプス市の紹介によると、264.14k㎡だそうです。

山梨県と同様に、計算しますと、

264.14×1,000,000×0.3025=79,902,350坪となります。

 

数字が大きすぎて、まったくイメージがわきませんでした・・・

 

坪数を知りたい時にはぜひこの計算式を使って下さい。

村松 啓太

役職営業サポート主任

雑談の他の記事を見る