スタッフブログ

【2022年(令和4年)】知らないと損?!南アルプス市で新築を建てたら貰える補助金

#お知らせ 2022年4月26日(火)

 

 

 

 

こんにちは。

2級ファイナンシャル・プランニング技能士の村松です。

山梨県で新築を建てた際に、条件によっては市町村で補助金が給付されます。

これは申請しないと給付されず、市町村から通知がくるわけでもないので、自分で調べるしかありません。

南アルプス市では、最大50万円もの補助金がでますので、申請しないともったいないですよね。

今回は、2022年(令和4年)版南アルプス市で新築を建てた場合の補助金制度を紹介します。

 

 

【関連記事】お家を建てる年齢は若い方がいい!?ライフイベントを考えた住宅ローンの借り方

 

 

南アルプス市で新築を建てた場合の補助金

 

 

 

南アルプス市では、人口減少対策と若者世帯の定住を促進するため、下記の条件に当てはまる人に「若者世帯定住支援奨励金事業」という事業で奨励金を支給しています。

 

 

 

対象条件

 

 

 

対象となる方の条件は下記のとおりです。

 

 

1.申請時の夫婦の合計年齢が70歳以下。

2.自らが住居する目的で土地と建物の両方を購入した方。

3.入居した日から5年以上継続して住める方。

4.住宅と土地が共有名義の場合は、1.の世帯の持ち分が2分の1以上あること。

5.申請する世帯や同居する親族が市税等を滞納していないこと。

 

 

これらを全てあてはまらなくてはなりません。

特に注意すべきは、2.の土地と建物の両方を購入した方です。

親の土地を譲り受けた場合等には対象とならないので、気を付けて下さい。

 

 

 

対象建物

 

 

 

 

対象となる建物は下記のとおりです。

 

 

1.新築または未使用の建売住宅で住居の用に供する部分の床面積が50㎡以上。

2.玄関・居室・台所・トイレ・浴室を備えている独立した建物。

 

 

支給額

 

 

 

1世帯、200,000円の支給とります。

ただし、申請時に子供が1人又は2人いる場合は300,000円。

3人以上の場合は、500,000円となります。

 

 

 

申請期限

 

 

新築住宅の場合は、着工から3ヶ月以内に申請をしないと受け付けてもらえません。

郵送も可能です。

 

 

注意

 

若者世帯定住支援奨励金事業には予算があり、残額が少ない場合は支給されない可能性があります。

 

 

さいごに

 

せっかくいただけるものであれば、貰っておかないともったいないですよね。

詳しくはお近くの工務店さんや市役所に訊ねてみて下さいね。

 

南アルプス市役所の事業詳細についてはコチラ

 

もちろん当社へのお問い合わせも可能です。

その他、どんな些細な事でもお気軽にお問合せ下さい。

 

【お問合せはコチラ】

 

 

☆インスタ【クリック】

 

 

 

☆ユーチューブ【クリック】

 

 

 

【山梨最大級の不動産情報はこちら】

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

南アルプス店

〒400-0332  山梨県南アルプス市鏡中條344-1

甲府東店

〒400-0832  山梨県甲府市増坪町167-2

両店舗共通フリーダイヤル 0120-202-696

デイクの家/山梨県の住宅・新築戸建・注文住宅はお任せ下さい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

村松 啓太

役職営業サポート主任

お知らせの他の記事を見る