スタッフブログ

■■住宅ローンに不可欠な抵当権設定とは??■■

#住宅ローン 2022年6月21日(火)

住宅ローンを組む際、融資先の銀行から「抵当権の設定」を求められます。

抵当権や担保権等、言葉自体は耳にしたことがあるけど・・・何かはよくわからないという方は多いと思います。

この抵当権について、ざっくり解説していきます。

 

抵当権とは、銀行が土地や建物の不動産を担保にする権利をいいます。

万が一、借主の住宅ローンの返済が滞った時の為、土地や建物を担保を取っておきます。

住宅ローンを組む場合は必ず金融機関から土地と建物に対し、抵当権の設定を求められます。

「設定しない」という選択肢は特殊なケースを除いて原則ありません。。

万が一、月々のローンの支払いが滞ってしまうと、抵当権を設定した家や土地は差し押さえを受けます。

金融機関によって前後はありますが、概ね3ヶ月支払を延滞すると、まずは督促状。

それでも支払が正常化しない場合、金融機関がいつ抵当権を行使する可能性が大となります。

抵当権を行使された不動産は競売にかけられ、その売却金を借入の返済に充て、当然ながら土地も家もそこから退去しなければならないのです。

 

売却されている中古戸建の中には、こういった競売物件を購入した業者が再販しているものや、「任意売却」といって、

ローンが返せない状況に陥る前に自ら売ってしまおう、という物件もあります。

いずれも住宅を購入(建築)する際に「この程度の金額なら返済出来るだろう。。。」と考えていたものの、何らかの事情で返済が困難になってしまう、といったケースが考えられます。

 

住宅ローンを検討する時は「借りられる額」と「無理なく返せる額」の違いを理解・認識する事が非常に大切です。

 

 

 

【お問合せはコチラ】

 

 

☆ユーチューブ【クリック】

 

 

 

【山梨最大級の不動産情報はこちら】

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

南アルプス店

〒400-0332  山梨県南アルプス市鏡中條344-1

甲府東店

〒400-0832  山梨県甲府市増坪町167-2

両店舗共通フリーダイヤル 0120-202-696

デイクの家/山梨県の住宅・新築戸建・注文住宅はお任せ下さい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

石塚 匠

役職営業主任

住宅ローンの他の記事を見る