スタッフブログ

山梨で新築を建てたい人けど住宅ローンが不安な方。【支出について考えてみましょう】

#住宅ローン 2022年10月2日(日)

こんにちは。

ミスターデイク新築・不動産事業部、ファイナンシャルプランナーの村松です。

新築を建てる考えた時に、真っ先に不安になるのは、住宅ローンと言う方は多いのではないでしょうか?

自分は住宅ローンを借りれるのだろうか?

借りれたとしても、毎月ちゃんと住宅ローンの返済を行なえるのだろうか?

ミスターデイクにお問い合わせをいただくお客様も、ローンの不安や悩みを持っている方が大勢います。

以前、住宅ローンの返済期間と返済不能になってしまう関係をお話しましたが、今回は、住宅ローンを借りるにあたり、考慮すべき他の支出についてお話します。

 

 

【住宅ローンの返済期間と返済不能になってしまう関係】についてはコチラ

 

 

 

 

人生の3大支出

 

皆さんは、人生の3大支出と言うものを聞いたことがあるでしょうか?

生活するうえで、お金がかかる3つの要素の事です。

時代が変化し、この3大支出に当てはまらない人も増えてきましたが、まだまだ多くの人が、3大支出を余儀なくされています。

3大支出は以下の3つを指すんですよ。

 

 

住宅にかかる費用

 

 

 

 

山梨で新築または中古で新たにお家を持たれる場合には、数千万の費用がかかります。

大多数の方が、人生で最大のお買い物になることでしょう。

また、アパートや団地等の場合でも家賃が発生します。

山梨県の平均家賃は2LDK~3LDKの場合70,000円前後と言われています。

仮に住宅ローン最大返済期間と同じ35年間住んだとした場合

70,000円×12ヶ月×35年=29,400,000円

となります。

山梨で新築を建てた場合とさほど差はなくなってきます。

しかも家賃の場合は、住み続ける限り支払わなくてはなり、支出額はさらに上がります。

新築などの一戸建てを購入しても、賃貸でアパートに住んでいるとしても、莫大な支出が発生するのです。

 

 

教育にかかる費用

 

 

 

 

 

お子様をお持ちの家庭であれば、教育も大きな支出となります。

文部科学省によると、幼稚園から小学校、中学校、大学卒業までを全て私立とすると、かかる教育費は約22,000,000円となるそうです。

小学校のみを効率西、中学校から私立の場合は、約15,000,000円。

全て公立、または、高校まで公立で大学は国立の場合でも、約8,000,000円かかります。

これは、お子様1人あたりにかかる支出ですので、2、3人と増えていくと、支出も増えてまいります。

 

 

老後の支出

 

 

 

 

住宅にかかる費用、教育にかかる費用とは若干異なりますが、老後の支出も大きな要素となります。

なぜ老後の支出が?

と思われる方もいらっしゃるかも知れません。

老後は若い時に比べ支出自体は減ることが多いと思います。

しかし、収入はいかがでしょうか?

2025年4月から65歳まで雇用確保が義務付けられ、各企業で定年の引き上げや定年の廃止が進められています。

山梨県では農家さんなどの自営業の方も多いため、そもそも定年など関係ないという方もいらっしゃると思います。

しかし、若い時の様に元気に働くことは難しく、やむを得ず収入が減っていくことが多くなってきます。

収入が減るなかで、生活費のやりくりをしなくてはならないため、3大支出の1つとして言われているんです。

 

 

 

さいごに

 

 

以上が人生の3大支出です。

この支出について理解を深くすることによって、より豊かな人生を送ることができます。

また、この3つ以外にも山梨県で多いのはカーローンなんです。

カーローンを持っていると、住宅ローンにも影響がでてきてしまうんですよ。

 

 

住宅ローンとカーローンについてはコチラをチェック

 

 

 

山梨県で新築を建てたいけど住宅ローンについて不安や悩みがある方は、ミスターデイクにお気軽にお問い合わせ下さい。

ミスターデイクでは、住宅ローンアドバイザーやファイナンシャルプランナーなどの有資格者が、皆さんの幸せなお家づくりのお手伝いをいたします。

 

コチラの画像をクリックすると住宅ローン相談会の詳細内容を見ることができます。

 

 

 

村松 啓太

役職営業サポート主任

住宅ローンの他の記事を見る