スタッフブログ

山梨県の地元工務店と大手ハウスメーカーのメリット・デメリット【ハウスメーカー編】

#建物 2020年11月20日(金)

 

こんにちは。

ミスターデイク新築・不動産部、営業サポートの村松です。

山梨で新築を検討されている方に、地元工務店と大手ハウスメーカーのメリットデメリットを紹介します。

今回は、大手ハウスメーカー編です。

 

 

【地元工務店のメリット・デメリットを知りたい方は、コチラをクリック】

 

 

大手ハウスメーカーのメリット

 

 

テレビCMやチラシなどでよく目にする大手ハウスメーカー。

全国に店舗があり、住宅展示場などもあるため、新築をどこで考えているか迷っている人は、1つや2つは候補にあがっていると思います。

大手ハウスメーカーのメリットは以下のとおりとなります。

 

製品や施工が安定している

 

 

大手は自社の工場で、製造・組み立てを行っています。

工程もマニュアル化されているため、工期が短く済みます。

また、品質や施工にバラつきがなく、安定した高品質の住宅を作ってもらえます。

 

完成後のイメージがつきやすい

 

 

大手ハウスメーカーは会社ごとに住宅展示場をもっていて、見学することが可能です。

完成後のイメージもつきやすいと思います。

みなさんも一度は、昭和町や小瀬の住宅公園へ見学にいったのではありませんか?

 

 

アフターメンテナンスが充実している

 

 

規模の小さな会社ですと、人員や予算が足りず、アフターメンテナンスに手が回らなかったりします。

その点、大手ハウスメーカーですと、必ずといっていいほど、アフターメンテナンスがついてきます。

住んだ後も定期的に点検してもらえるのは、安心ですね。

 

 

倒産の心配が少ない

 

 

絶対とは言い切れませんが、地元の工務店に比べ、大手ハウスメーカーは倒産する可能性が低いです。

いくらアフターメンテナンスが充実していても、倒産してしまったら意味がありませんよね。

大手ハウスメーカーなら、その心配はあまりないと言っていいでしょう。

 

 

 

 

 

大手ハウスメーカーのデメリット

 

 

大手ハウスメーカーには、大手ハウスメーカーならではのデメリットも存在します。

良い所だけでなく、デメリットも把握したうえで判断するのが良いお家づくりには必須です。

 

建物価格が高い

 

 

皆さんがよく目にするテレビCMやチラシ。

有名なタレントさんを使い、多くの媒体に広告していますよね。

当然ながら、それらの広告にも費用が掛かります。

大きな会社になれば、事務所の家賃も高くなります。

住宅展示場も何年も同じという訳にはいかないので、建て替えなども行います。

大きな会社になればなるほど、営業・工務・経理・広報など、人件費も多く掛かってきます。

それらのお金はどこから出ると思いますか?

契約したお客様の費用からとなってしまいます。

そのため、建物の価格を安くする訳にはいかなくなります。

イメージとしては、こんな感じです。

自社工場で製造・組み立てをして、コストを下げていますが、会社を維持していくためには、莫大な費用が掛かります。

みなさんが見学に行った際に貰えるパンフレットなども、結構費用がかかっているんですよ。

 

担当営業によって、知識に差がある

 

 

大手ハウスメーカーですと、営業は営業のみ、設計は設計のみと仕事がしっかりと分担されています。

そのため、特に若い営業マンは現場を知らず、営業のみしかできないという人もいます。

社内で研修はあるものの、同じ営業マンでもその人のやる気で知識に差が出てきてしまいます。

それに比べ、地元の工務店では、営業から現場管理まで一人の担当者が受け持つことも少なくなく、知識も豊富にあり、質問するとすぐ答えてもらえます。

 

 

設計の自由度が低い

 

大手ハウスメーカーの場合、ほとんどが規格住宅となります。

決まった間取りから、自分たちの住みたいように変更をすると別途オプション料を取られたりします。

 

 

営業がコロコロ変わってしまう

 

 

全国各地に営業所がある大手ハウスメーカーでは、数年で他県へ異動なんてこともザラにあります。

最初に相談に乗ってもらった営業さんが途中で変わってしまって、話まで変わってしまったなんてことも・・・

建てたあとならまだしも、打合せ期間に変わられては、たまったもんじゃありませんよね。

新しい営業さんとはどうも気が合わない、なんてこともあるかも知れません。

 

 

 

まとめ

 

大手ハウスメーカーのメリット

  • 自社工場で製造・組み立てをしているため製品が安定している。
  • 住宅展示場などで、完成後のイメージがつきやすい。
  • アフターメンテナンスが地元の工務店に比べ、充実している。
  • 大手なので、倒産の心配が少ない。

 

大手ハウスメーカーのデメリット

  • 人件費などを賄うため、建物価格が高い。
  • 担当する営業マンによって、知識に差がある。
  • 基本的に規格住宅のため、設計の自由度が低い。
  • 人事異動が多く、担当していた営業マンが変わってしまうことがある。

 

大手ハウスメーカーも地元の工務店もメリット・デメリットは出てきてしまいます。

その中から、自分に一番あった建築会社を探すのは大変かも知れませんが、一番楽しい時期だと思います。

理想としては3~4社くらいで比較するのがベストなんですよ。

1社や2社ですと比較しづらいですし、逆に多すぎても悩みの種が増えるだけで、結局どこにも決められないなんてことになってしまいます。

 

ぜひ自分に合った建築会社を見つけ、ワクワクするようなお家づくりをして下さいね。

 

山梨県の地元工務店と大手ハウスメーカーのメリット・デメリット【地元工務店編】

 

 

 

【新築を考えている人必見!】住宅ローンとマイナス金利の関係

 

【お問合せはコチラ】

 

☆インスタやってます【クリック】

 

☆ツイッターやってます【クリック】

 

☆ユーチューブやってます【クリック】

 

【山梨最大級の不動産情報はこちら】

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

南アルプス店

〒400-0332  山梨県南アルプス市鏡中條344-1

甲府東店

〒400-0832  山梨県甲府市増坪町167-2

両店舗共通フリーダイヤル 0120-202-696

デイクの家/山梨県のローコスト住宅・新築戸建・注文住宅はお任せ下さい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

村松 啓太

役職営業サポート